漫画とかの日記(続き)

漫画を読んで時々何かを書きます。

Kindle Unlimitedにて

少女終末旅行』の1、2巻が読めます。これまで読む機会が無かった方は、これを機にどうか……。気に入ったら、3~6巻(完結)も買って読んでみてください。

Kindle Unlimitedもちゃんと作者に還元できるシステムだそうなので、お知らせでした。

 

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

 

  

少女終末旅行 2巻: バンチコミックス

少女終末旅行 2巻: バンチコミックス

 

 

読もう、『楽屋裏』!

魔神ぐり子先生の『楽屋裏-講談社地獄篇-』(Kindle版)を大購入。

 

変わらぬ面白さで安心。

ただ、この巻のみで連載(web連載)終了とのこと。ですが、単行本が好評だったり、SNSでバズったりすれば続きもあるかもしれないとのこと。

というわけで、皆さん読みましょう。バズりましょう。

私は続きを読みたいので(我が儘)。

ちなみに、ですが。

私は某E社の有名RPG四コマ劇場で魔神先生がデビューした時からのファンです。(魔神先生自身がどう思っておられるのかはわかりませんが……)

「この人の漫画が読めるだけで幸せだなあ」と思える漫画家さんの中の一人です。

というわけで、読もう、楽屋裏!

『少女終末旅行』 星雲賞コミック部門受賞

natalie.mu

いちファンとして嬉しいです。

 

何でも賞を取ればいい、とは思いませんが、これをきっかけに一人でも多くの人がこの作品を手に取ってくれることを願います。

 

アニメ版はまだ全部観てませんが、コミックの4巻までだそうです。

 

アニメ版しか観たことが無い方も、5巻、そして6巻も読んでほしいです。5,6巻もアニメ化されたら観てみたいです。特に終盤、そしてあの見開きページを。

 

ではまた。

 

少女終末旅行 6巻(完): バンチコミックス

少女終末旅行 6巻(完): バンチコミックス

 

 

終りがある(『少女終末旅行』3巻)

少女終末旅行』を思い出しては読み返している。

3巻のエピソード、そして後書きを読んで思ったことがある。

 

少女終末旅行 3巻 (バンチコミックス)

少女終末旅行 3巻 (バンチコミックス)

 

 

後書きにて
『生命も文明も宇宙も、ちゃんとどこかで終わってほしい。終わりがあるのはとても優しいことだと思います。』

この文章。

少女終末旅行』を全巻読み終え、感想ブログを読んでいたときに「この作品は哲学的」と評しているブログがあった。

私はただの漫画読みで、哲学とかはよくわかりませんが、最近読み直したときに「これは漫画作品の事も含まれているのではないか」と思いました。

どんなに面白い漫画でも、「ちゃんと」終わってほしい。人気があるからとか、そういったことではなく、「作者が終わらせたい所で終わらせる」。これも「優しいこと」ではないかと。

どういった事情があったのかわかりませんが、「ただ長く続かせること」が目標となってしまい、途中から迷走し、落としどころさえ分からなくなる。そういった漫画も読んできました。

急にそんなことを思いました。単なる私の妄想ですが。

『映像研には手を出すな!』には今すぐ手を出せ!

先日、最新刊である4巻が発売されました。

アニメ化も発表され、多分その影響でKindleには「1巻無料お試し版」なる物がある。通常の1巻と違いがあるのかはわからんけど、取り敢えずこれを機に1巻を読んでください。 

 アニメ版が成功するかどうかはまだ誰にもわからない。でも、原作は面白いし、今なら無料で読める。

1巻が発売された当時は「何かスゲー漫画が出たらしい」という情報は拾ったんだけど、紙の本は売り切れ、電子版は紙の本から一定期間後にしか出ない、という売り方をされていた。アフォですな。

結果、難民が生まれ、違法サイトにデータがアップロードされる事になったと聞く。電子版の発売日調整は出版社が決めてるのか、作者なのか、電書サイトが決めてるのかわかりませんが。

私の記憶もあやふやですが、この時間差攻撃は1巻だけじゃなかった。Kindle版4巻の発売日が紙の本と同じことを知ったときに「やっとか……」と思ったくらいです。

お試し版だけでも良いから読んでください。