漫画とかの日記(続き)

漫画を読んで時々何かを書きます。

『おとなのほうかご』4巻購入

Kindleにて購入。

ネタバレ……というか、本のカバー部分に書いてある事ですが。

4巻で完結。

  

おとなのほうかご4 (MFC)

おとなのほうかご4 (MFC)

 

 こういう日常系の漫画は止め時を逃すと大変なことになったりする。というのを実際に見てきたので何も言えない。

完結を知ってからKindleめくってるとだんだん切なくなっていってしまうが、仕方なし。(まだ最後までたどり着けていません……)

イチヒ先生、お疲れ様でした。次の作品も楽しみにしてます。

10/22『おとなのほうかご』4巻、発売予定!

嬉しいですね!3巻では登場人物たちが徐々に交錯し始めました。ここからどう話を転がすか、さじ加減が難しいだろうと思います。連載は追いかけていないので、単行本(Kindle版)発売が心の支えになってます。よーし、まだ生きる!
ぞっ!!!

おとなのほうかご4

おとなのほうかご4


あと、更新間隔がかなり開いてしまいました。(元々これくらいだった気もしますが……)

個人的にアレコレあったのもありますが、やはり『少女終末旅行』を読んで頭を持って行かれた事が大きいです。漫画では泣かなかったのですが、webで感想を漁っていたとき、その書いてる方々の熱量にやられて泣いちゃいましたね。私はこういう感覚を大事にしていきたいと考えてますよ。

あと、最終話の最後数ページ、そしてあと書きで描かれてるイラスト。これらは連載時には無かったそうです。

私は単行本しか読んでいなかったので、「こういう終わり方かぁ」と感心していましたが、これらの加筆部分が無かった連載の最終話を読んでいたら、抱いた感想は大きく変わっていたと思います。ですが、私がこの作品に関する記憶を全て無くさない限り「連載版の最終話を読み終わったときの感想」は体験できないんですよね。

昔、Twitterの漫画キャラbotを作ったことがあります(今でも動いてます)。そこでフォロワーさんとの交流があったのですが、その方は単行本で読んだおられたそうです。私は雑誌連載をずっと追いかけており、「雑誌にはあったけど、単行本では無くなっているモノローグ」などを知っていました(botには雑誌連載版のモノローグを使っています)。その方は「リアルタイムで読めなかったのが残念でならない」と仰ってました。

それを今度は私が感じています。

少女終末旅行』を面白いと感じ、連載を最終話まで追いかけていた方は、その体験を大事にしてください……。

何が言いたいのか自分でもよくわからなくなってきました。今回はこの辺で終わります。また今度。

少女終末旅行 6巻(完) (バンチコミックス)

少女終末旅行 6巻(完) (バンチコミックス)

『少女終末旅行』全六巻読了

なるべくネタバレしないように書きます。

作品の存在はアニメ化されたときに知りました。ですが、アニメはまだ観ていません。

タイトルと画柄、遠回しで入ってくる情報を見て「文明が終わった世界で女の子二人組がトロトロと旅行する漫画」かな?と。「『ヨコハマ買い出し紀行』みたいな感じだろうか」と想像していました。

実際読んでみると、最初からから文明が滅んでいて(この時点で『ヨコハマ~』とは違うなと感じる)。主人公二人以外の人物は殆ど登場しません(ゼロではないですが……)。二人も「何故文明が滅んだのか」もよくわからないまま旅が進みます。

ですが、読み進めていくと、旅の中で様々な遺物・遺構と出会い、二人も様々なことを知っていきます。

五巻くらいから私の背筋が震えるようなエピソードが入るようになります。二人の過去が語られる「40 故郷」。「おじいさん」のセリフが心に刺さります。

そして六巻(最終巻)は圧巻でした。最終話の「~~『だったよね…』」(一応伏字)というセリフと見開きで描かれる景色。素晴らしかったです。

作者の後書きも良かったです。(後書きを読まないという方もおられるでしょうが、この作品は読んだ方が良いです)

アニメのサブタイトルを確認しましたが、原作の途中までで終わっているようです。最終巻が出たのもアニメが終わってからだったかと思います。

今は電子書籍で試し読み等もできる(はず)なので、ちょっと読んでみてください。

この作品を知ってくれる方が一人でも多くなってもらいたいです。

私のこのブログの中では悪ふざけも無くなく硬い内容になっていますが、それだけ感銘を受けたと思ってください。

ではまた。

 

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

 

 

奇襲

AmazonKindleで一迅社作品がポイント50%還元されるキャンペーン実施中。9/6まで。

急にそういうのやめてほしいんだけど、仕方ないのか。

欲しい作品はもうKindleで購入済みでした。ガルパン関係の雑誌やムック、あと最近見始めた「宇宙よりも遠い場所」の雑誌を購入しました。

ももえサイズ』がKindleで売ってなかったのは痛かった(紙の本は持ってます)。

Kindleユーザーは検討してみましょう。

八月終り

長期間ほったらかしですみませんでした。でも最初からこんなペースだったのでご容赦ください。

漫画をKindleで買い直すというコスパの悪い日々を送ってきました。そんな中で、Kindle端末についてちょっと書いてみます。

私が使っているのはKindlefireHD8……だったはず。間違ってたらすみません。

Kindleで購入した本は、端末の「コレクション」という機能でグループ分けできます。「コレクション」という名前ですが、実質Windowsのフォルダみたいなもので、コレクション(フォルダ)に名前を付けて、そこに本を追加していくだけなのですが。

今月くらいから「コレクションを作成して登録しても反映されない・コレクションが消えてしまう」という事が頻発するようになりました。(本のデータが消えたわけではありません)

泣き寝入るのもアレなんでAmazonのサポセンに電話してみました。

最初は「コレクションの数が30~40以上になるとそういう事が起こることは把握してます」とのことでした。でもさー、Kindle専用端末買ってるような人なんか、そんな数では収まらないですよね。

色々と状態を説明して出た結論が「Wi-Fi繋いでる状態じゃないと、コレクションの作成・登録が反映されない」ということでした。

私のネット環境がPCも含めてスマホテザリングのみなので、Kindle端末のネット接続は最低限にしておきたいんですよ。

世の中常時接続が当たり前になってんだなー、と。

何だかんだありましたが、サポセンの人の対応は非常に丁寧で、こういった結論になりましたがそんなに不快な思いはしませんでした。(ちょろい)

不具合があったら連絡を取りましょう、ということで。世の中にはクレーマーな人も多いので大変だなと思いました。

漫画の話題が無かったのでこれから書きます。

『手品先輩』が連載再開したそうです。どういった事情により休載していたかはわかりませんが、私にとっては嬉しいニュースでした。

ネット界隈では「遅すぎる」とか何とか書いてる方もおられるようでしたが、続きを描いてくれるだけでもありがたいですよ。漫画描いている人も編集している人も人間なんでね。あまりに行き過ぎて潰れてしまった漫画家さんも知っています。「急に連載終ったど、なんでだ?」→作者(30代前半)が亡くなった、なんてことも経験してきましたし。

なんか暗い話になってしまいましたが、好きな漫画との付き合いが不幸な終わり方になるのは避けたいものですね。

では終わります。